マンツ-マンによる密度の高い指導

音楽選修は、音楽科の教員を養成することを目的としており、音楽教師として必要十分な実力をつけるべく、多彩で中身の濃いカリキュラムが組まれています。

「音楽教育」はカリキュラムの核となる分野で、音楽の教授と学習について、哲学、歴史、心理学などの原理的側面、教材分析、指導方法、指導運営などの実践的側面から総合的に学びます。

そして、音楽教師として不可欠な実技の分野として「ピアノ」「声楽」「管弦打楽器」「箏」「指揮法」「合唱」「合奏」「作曲法」、音楽理論分野として「音楽通論」「和声法」「対位法」「音楽学」「音楽史(日本及び西洋)」などさまざまな授業が用意されています。

4年次では、それまでの勉学の総仕上げとして、教員の密接な指導を受けながら「卒業論文」「卒業演奏」「卒業作品」に取り組み、演奏により卒業者は外部のホールでの公開演奏会にのぞみます。)

音楽を愛し教育に熱意をもつ皆さんを歓迎します。

もちろん、音楽選修では、さらに専門性を磨くために大学院(修士課程)が準備されており、より深く詳しく音楽について学ぶことができます。


教員紹介


学生の活動

  1. 卒業研究演奏会
    音楽科のメインイベントは何と言っても2月に外部のホールで行われる「卒業・修了演奏研究演奏会」です。この演奏会は4年間の練習や研究の成果の発表を行います。在学生も、先輩方の晴れ舞台を素晴らしいものにしようと舞台裏で進行や運営などを行い、音楽科全体で演奏会を支えています。それは卒業生への感謝の気持ちでもあり、また卒業生から見れば在学生へのバトンタッチでもあります。

  2. 茨苑祭
    茨城大学が一番盛り上がるイベントです。音楽科では毎年、1・2年生が合同で出店をしています。昨年はタピオカドリンクを販売し、お店は大盛況でした。また音楽系サークルに所属する学生は、茨苑祭の様々な所に設置されているステージで、演奏会やライブ、発表会に意欲的に参加しています。

  3. 音楽科の学生
    音楽科の学生はとても活動的です。授業や試験に限らず、コンクールやオーディション、福祉施設でのイベント等、学外での活動にも積極的に参加しています。クラシックに限らず様々なジャンルの音楽に触れて、自身の音楽性や技術に磨きをかけています。

  4. 毎日の音楽科
    歌や楽器を演奏するものとして欠かせないのが日々の練習です。毎週行われるレッスンや授業のために、学生は夢中で練習しています。また、図書館にこもり研究をしている学生もいます。そうかと思えば、学生の控室である専攻会室では学年にかかわらず楽しく団欒をし、学生同士励まし合い、音楽や教育を語る姿があります。また、教育実習や教員採用試験のための準備を行っている学生もみられます。このように、音楽科では様々な個性をもった人や音楽に出会え、そして音楽科全ての人が音楽と真剣に向き合って日々の生活を送っています。
    さらに、音楽科には、冷暖房完備の個人練習室が20室ほど完備されています。練習室の中にはピアノが用意されており、ここで学生は楽器の練習を行っています。この練習室は音楽科以外の学生も使用することができます。使用方法に関しては練習室の入り口にある注意書きにそってご利用ください。

音楽科の1年の流れ(参考)

4月
  • 前期開始
  • 入学式
  • 新入生ガイダンス
  • 新入生歓迎会
5月
  • 第1回 音楽科専攻会 定例総会
7月
  • 教員採用試験
  • 前期試験
8月
  • 夏季定期演奏会
9月
  • 夏季休業
10月
  • 後期開始
  • 茨苑祭(大学祭)準備
11月
  • 茨苑祭
  • 大学院入試
  • 学部推薦入試
  • 音楽科専攻会 定例総会
  • 第2回 音楽科専攻会 定例総会
12月
  • 冬季休業
  • 冬季定期演奏会
1月
  • 後期試験
  • 卒業試験
2月
  • 卒業研究・修了研究演奏会
  • 学部前期一般入試
  • 卒業コンパ
3月
  • 春季休業
  • 学部後期一般入試
  • 卒業式・謝恩会

音楽教育系音楽選修

最新情報